西春内科・在宅クリニック

CT検査

CT検査について

CTは、「Computed Tomography」の頭文字をとったもので、コンピュータ断層撮影といいます。
CT検査とは、ドーナツ状の機械の中でX線を人体に回転させながら照射し、断層写真を撮影する検査法です。人体を透過したX線のデータをコンピュータで解析・計算し、360°の輪切りの画像などを作成します。頭部、胸部、腹部など身体のあらゆる部位の内部構造を3次元の立体画像で捉えることが可能です。通常のレントゲン検査で困難な小さな病気や頭蓋内、大動脈、肺、気管支、心臓、肝臓、腎臓などの病変を早期発見することが可能です。

CT検査装置

当クリニックでは、富士フイルムの16列マルチスライスCTを導入しております。高精細な画像を短時間で撮影することができ、地域がん拠点病院と同等のスペックとなっています。撮影時のX線量を患者様の体型によって変えることで、被ばくを抑えて検査ができると共に、撮影時に発生する画像ノイズを低減させる機能も備えているため、患者様の負担をより軽減することが可能です。

検査には、造影剤を使用しない“単純CT検査”と、造影剤を使用する“造影CT検査”の2種類があります。
造影検査とは、ヨード造影剤を静脈から注入し撮影を行います。造影剤を使用することで、血管や病巣がわかりやすくなり、より正確な診断が可能になります。

頭部CT 脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などの脳卒中に加え、頭部外傷(頭蓋骨骨折や外傷性頭蓋内出血の有無)、脳腫瘍、脳萎縮、脳動脈の硬化(動脈硬化)、水頭症などの病気の早期発見に有効です。これらの疾患は、通常のクリニックではCTのある病院への紹介が必要となりますが、当クリニックではその必要がございません。
胸部CT 肺炎、肺結核、肺がん、縦隔腫瘍、気胸、肺気腫などの病気の早期発見に有効です。CTは解像度に優れ、死角も少なく、数ミリの病変まで見つけることができるため、肺がんの早期発見にもっとも有効な検査です。肺がんの発見率は、胸部X線検査に比べて10倍ほど高いと言われます。
腹部CT 肝臓、すい臓、腎臓などの病気の早期発見に有効です。検査方法には、単純CT撮影と造影剤を使う造影CT撮影があり、造影CT撮影ではより病変を発見しやすくなります。肝臓がん、すい臓がん、腎臓がんなどの悪性腫瘍の有無を確認できます。もしあったらそれがどの程度進展しているか、腹部リンパ節に転移していないかなども判定可能です。また、急性の腹痛の原因となる消化管穿孔、イレウス、胆石、胆嚢炎、膵炎、尿路結石、解離性大動脈瘤、膿瘍などが見られないかを診断する際にも用いられます。
腹部の検査には超音波検査(エコー検査)がありますが、超音波検査では食事の状況、医師の技術などが影響し、どうしても見えない場所などがありますが、CTではそのような事はございません。

CT検査を受ける⽅へ

当クリニックでは、CT読影のプロである放射線診断専門医が在籍しておりますので、最短で即日診断結果をお伝えすることが可能です。精度の高い精密検査を一人でも多くの方に提供し、がんの予防と早期発見に繋げます。
また、私たちは、地域の皆様にとって親しみやすいクリニックを目指しておりますので「CTで何がわかるの?」「造影CTって何?」など、検査に関するご質問等がございましたら些細なことでも構いませんのでお気軽にお尋ねください。患者様が不安なく検査を受けて頂けるように分かりやすく説明させていただきます。


⾷事について
検査前の食事などに関しては、医師の指示に従ってください。腹部の検査や、造影剤の使用を予定されている場合、検査前の食事を控えていただきます。

【単純CT検査の場合】
基本的に飲食可能ですが、腹部CTを受ける方は食後4時間以上あけてから検査することが望ましいです。
【造影CT検査の場合】
部位に関係なく、食後4時間以上あけてから検査を受けるようにしてください。ただし、水やお茶などの水分について制限はありません。乳飲料やジュースなどは飲まないようご協力をお願いします。
造影剤について
造影剤を使用することで、病変の発見率が向上し、良性か悪性かの診断がしやすくなります。造影剤は医薬品のため稀に副作用が起こります。そのため、専門医が判断した上で受診する方が承諾した場合にのみ使用します。検査当日に造影剤使用の同意書を記入して頂いております。副作用の症状としては吐き気、嘔吐、かゆみ、じんましんなど多いです。検査中から1時間後くらいまで起こることが多く、程度も軽いものがほとんどです。しかし、稀に重篤な副作用として、血圧低下や呼吸困難などの症状が出る場合がありますので、下記に該当する方は前もって医師にお知らせください。
・喘息(小児喘息、気管支喘息、咳喘息、アレルギーを含む)の既往歴がある方
・ヨードまたはヨード造影剤のアレルギーがある方
・甲状腺機能亢進症の方
・重篤な心臓、肝臓または腎臓の障害がある方

造影剤は通常24時間で尿となって身体から排泄されますので、当日は水分を多めに摂ってください。また激しい運動や当日のアルコール摂取はお控えください。

診療費

CT(⾮造影) 3,300円〜
CT(造影) 現在、行っておりません。
※健康保険適用で自己負担3割の方の場合(画像診断料、画像保管料全て含む)
※撮影部位、撮影方法、フィルム枚数によって負担金額は異なります。
※初診料や再診料などその他費用が別途かかります。

注意事項

CTはX線を利用するため、次の方々はご受診頂けない場合がございます。受診日までにご相談ください。

・妊娠中もしくは妊娠の可能性がある方
・検査中に静止できない方
・バリウムを使用した検査を1週間以内に受けている方

CT検査をお考えの⽅はお気軽にお電話にてご相談ください。

アクセス

住所:〒481-0041 愛知県北名古屋市九之坪北浦31(メガネ赤札堂の真向かい)

グーグルマップ詳細はこちら >

電話相談

LINE友達追加

WEB予約