西春内科・在宅クリニック

ブログ

手足口病は大人にもうつる?症状や潜伏期間を徹底解説

手足口病

子供の三大夏風邪の一角である「手足口病」の時期が間もなく訪れます。

お子様のいらっしゃるご家庭ではご存じの方も多いかと思います。

子供に多い感染症ですが、大人の方にも感染するので油断は大敵です。

そこで今回は手足口病について潜伏期間や大人の方が感染した際の症状などをご紹介いたします!

 

 

手足口病とは?


手足口病

手足口病は例年6月から8月の夏季に流行するウイルス性の感染症です。

手や足、口の中に水泡様の発疹が出現するのが特徴です。

発熱は無かったり、軽症になる場合が多いですが、39℃を超える高熱が出る場合もあります。

ですがそれ以外は風邪症状と遜色なく通常3日ほどで解熱し、発疹も3~7日で消えることが多いです。

患者の多くは5歳未満の小児が全体の80%を占め、まれに中学生や成人の方も感染します。

 

関連記事:夏風邪の特有の症状とは|長引く理由や治し方を解説

手足口病の原因


手足口病

原因となるウイルスは「エンテロウイルス」ですが、その中でも複数の種類が存在しており、その年によってどのタイプのウイルスが流行するかは異なるため、何度もかかる可能性があります。

エンテロウイルスの中でも特に「コクサッキーウイルス」が原因となる事が多く、感染力の強いウイルスです。

感染経路は主に飛沫感染接触感染によって感染します。

飛沫感染

感染者の咳やくしゃみなどで飛び散った飛沫などが口や粘膜に触れることで感染します。

接触感染

同じ食器を使っての食事や、まれに体を触ることで感染する接触感染もあります。

水疱の中にある水分にはウイルスが存在しているので、これに触れ体内に入ってしまうと感染する可能性があります。

また、感染者の排泄物に触れる事でも感染します。

例えば感染している子供のふん便などを処理しているときなどに感染してしまいます。

どちらもマスクをしたり、手洗いうがいを徹底することで感染予防が可能です。

手足口病のウイルスにアルコールは効果がほとんど無い為、手洗いうがいが重要になります。

 

 

手足口病の症状


手足口病

”夏風邪”とあるように、基本的に重症化することは少なく数日で治ることがほとんどです。

症状に関してもいわゆる風邪症状である「発熱、咳、鼻水」を中心として手足などの発疹が見られます。

詳しくみていきましょう。

発熱


感染した方のおよそ3分の1は発熱の症状が出て、1~3日間で改善していくことが多いです。

高熱になる事はほとんどありませんが、39℃まで上がることもあります。


手足口病の咳症状は軽症の場合が多いですが、1~2週間症状が継続することがあります。

周囲への感染に繋がるのでマスクをしたりと感染拡大を防ぐ必要があります。

鼻水


咳と同様に重症化することは少ないですが、1~2週間症状が継続することがあります。

くしゃみなどで周囲へ感染を広げてしまう可能性があるので、注意が必要です。

消化器症状


ウイルスが胃や腸に影響を与え、下痢や嘔吐などの症状が出ることもあります。

こちらは1歳から3歳にかけての幼児期は脱水や栄養が足りなくなったりと重症化する危険性があります。

手・足・口の発疹


出現する場所は「手のひら」「足の裏」「足の甲」「口の中」です。

まず小さくて赤い発疹から始まり、次第に5~7mmの水疱に変化することがあります。

また、口の中に出来た水疱がつぶれ、口内炎となり、その痛みで食欲不振や水分摂取が出来ず栄養失調や脱水症状を起こすこともあります。

その他の部位の発疹


他にも「ひじ」「ひざ」「おしり」といった場所に出来ることもあります。

 

関連記事:ヘルパンギーナの症状や溶連菌との見分け方・熱がない場合について

 

手足口病の潜伏期間


手足口病

潜伏期間は3~7日間です。

この潜伏期間もウイルスを排出しているので感染を広げる可能性があります。

その後発疹や水疱、発熱などの症状が現れます。

 

 

手足口病は大人にもうつる?


手足口病

感染すること自体は少ないですが、大人の方でも感染することもあります。

感染経路は子供から大人へ感染する家庭内感染がほとんどです。

大人の方が感染した時の症状は子供よりも重症になる傾向があります。

特に発疹の痛みが強く、足の裏にできると痛みで歩けなくなるほどです。

発熱も40℃近く出る場合もあります。

その他の症状で倦怠感や関節痛、筋肉痛が出ます。

 

関連記事:【夏だけじゃない】プール熱の症状や流行時期、コロナとの違いについて

 

手足口病の感染力が強い時期とは?


手足口病

手足口病は感染力が強い時期というのがあり、感染してから1週間後が最も強い時期です。

潜伏期間を経て症状がでる前後の数日と1週間程です。

また、症状が改善した後も咳や鼻水からは1~2週間、便からは2~4週間ウイルスが排出されます。

 

 

手足口病は受診が必要か?


手足口病

多くは軽症で済み、重症化することはありませんが、手足口病で発生する水疱は水疱瘡との見分けがつきにくい為、軽症であっても油断せず医療機関を受診しましょう。

また、高熱が続く、ぐったりして水分が摂れない、呼吸が早くて苦しそうなどの症状がみられる場合はすみやかに医療機関を受診しましょう。

これは髄膜炎急性脳炎などの合併症の危険性があるからです。

よく、いつから登園・登校して大丈夫なのかというご質問をいただくのですが、手足口病は登園・登校の出席停止の制限は特にありません

というのも学校保健法で明確な基準が無い為です。

通常の風邪と同じように発熱が無く、水疱や潰瘍が消失し、本人が元気であれば問題ありません。

西春内科・在宅クリニックでできる対応


手足口病の治療は、抗ウイルス薬が無い為、症状に合わせた薬を使って症状を抑えていく対症療法を行います

西春内科・在宅クリニックでも、対症療法を行い治療していきます。

また、水疱瘡や水痘、麻疹などの鑑別も行うことが出来ますのでご不安な方はご受診ください。

 

 

手足口病のまとめ


いかがでしょうか?

意外にも発熱症状があるのが全体の3分の1と発熱しないことも多く、症状が発疹のみといった場合もあります。

なので感染していることに気付かなかったり、様子見にしてしまうこともあります。

しかし、感染力が強いので園や学校での集団感染の可能性があります。

さらに大人や生後3か月未満の赤ちゃんへの感染は重症化のリスクがあるので注意が必要です。

家庭内感染が感染経路になるので、お子様を看病する際は感染予防としてマスクをしたり、手洗いうがいを徹底して感染を防ぎましょう。

参考文献

手足口病が疑われる場合、受診の目安はありますか? |手足口病
ワクチンで子供を手足口病から守る
手足口病は子どもから大人にうつる?家庭内感染を防ぐためのポイントは? | キッズドクターマガジン
手足口病 Hand , Foot and Mouth Disease | 東京都感染症情報センター
手足口病の症状と対処、予防―手足や口に発疹が現れたら? | メディカルノート
手足口病 (てあしくちびょう)とは | 済生会
手足口病とは? | 知っておきたい!家庭の感染と予防 | サラヤ株式会社 家庭用製品情報

RSウイルスとは|大人と小児の症状の違いや潜伏期間を解説

RSウイルス

RSウイルス
とはRSウイルス感染症という呼吸器疾患を引き起こすウイルスです。

RSウイルス感染症は、2歳までにはほとんどのお子様が少なくとも一度はかかる感染症です。

今回はそんなRSウイルス感染症について、どういった症状がでるのか、治療法などを解説してまいります。

 

 

RSウイルスとは?


RSウイルス

RSウイルス感染症は9月頃から初春まで流行しますが、最近は夏頃から流行が始まる傾向があります。

お子様がかかるイメージが強いですが、高齢者の方や基礎疾患のある成人の方もRSウイルスにより肺炎を引き起こす可能性もあります。

 

関連記事:咳喘息は喘息ではない?違いや症状のチェック項目をご紹介

 

RSウイルスの基本的な症状


RSウイルス

RSウイルス感染症は基本的に風邪のような症状が現れます。

  • 鼻水・鼻詰まり
  • 発熱
  • 喉の痛み
  • 耳痛(中耳炎を併発する場合)
  • 食欲不振

ですが中には注意しなければならない症状もあります。

  • 息を吐く際「ヒューヒュー、ゼーゼー」という音がする(ぜん鳴)
  • 胸がへこむような呼吸(陥没呼吸)
  • 呼吸が早く、呼吸の回数が増えている(子供であれば1分間に30回以上が早い呼吸)
  • 顔色や唇の色が悪い(血液中の酸素が足りていない)


こういった症状がみられる場合は肺炎、気管支炎、細気管支炎など重症な疾患の可能性があります。

酸素投与や点滴など、入院が必要な事もあります。

 

 

小児のRSウイルスは重症化しやすい?


RSウイルス

お子様の年齢や基礎疾患の有無によって重症化のリスクは変わってきます。

まず、1歳以上であれば多くの場合は重症化のリスクは低減します。

2歳以上であれば鼻風邪で終わることがほとんどです。

注意が必要なのは以下のような方です。

  • 1歳未満、特に6か月未満の赤ちゃん
  • 早産、低出生体重の赤ちゃん
  • 心臓や肺に基礎疾患がある
  • 免疫不全症、ダウン症


これらを踏まえ、重症化のリスクがあるのか判断する必要があります。

 

関連記事:風邪で病院へ行くべきか?受診する目安や行くタイミングを解説

 

大人のRSウイルスは軽症で済む?長引く?


RSウイルス

成人の方は多くの場合、軽症で済むことが多く、1週間ほどで症状は治まってきます

しかし年齢や基礎疾患の有無によっては重症化するケースもあります。

  • 65歳以上の高齢者
  • 長期間たばこを吸っている方(慢性閉塞性肺疾患の方)
  • 糖尿病の方
  • 初めてRSウイルスにかかった方


以上の項目に当てはまる方は肺炎になる可能性が高くなりやすいです。

RSウイルスによる肺炎はインフルエンザによる肺炎よりも症状が長引くこともあります。

 

 

RSウイルスの治りかけの症状とは?


RSウイルス

初めてかかった方のほとんどは咳、鼻水、発熱などの風邪症状のみで数日から1週間ほどで快復することがほとんどです。

特にこれといった治りかけのサインのようなものはありません

1週間を過ぎても症状が継続する場合は病院へ受診しましょう。

 

関連記事:風邪をひいたらひたすら寝るのが効果的?体調が悪い時の過ごし方を徹底解説

 

RSウイルスの潜伏期間は?


RSウイルス

潜伏期間はRSウイルスに感染してからおよそ4~6日間で、その後症状が現れます。

感染力が強く、主に飛沫感染接触感染で広がります。

そのため、マスクや手洗いうがいが有効な感染予防対策になります。

 

 

RSウイルスの治療


RSウイルス

RSウイルス感染症には特効薬(有効な抗ウイルス薬)はないため、基本的には対処療法で様子を見ていきます。

  • 咳止め・去痰剤・解熱鎮痛剤を使い症状を緩和させる
  • 痰を出しやすい体位を取らせたり、吸入などをしながら症状改善に努めていく


自分の免疫力で回復できるように上記のような対応をしていきます。

ですが、心疾患・肺疾患などの症状のある幼児が感染すると、重篤化する可能性が高いです。

その為、パリビズマブ薬(抗RSウイルスヒト化モノクローナル抗体)にて様子を見ていきます(この薬は感染することを防ぐ薬ではありません)。

感染中は幼児の症状を適時確認し、症状が改善しないとき・悪化してきているときは医療機関に相談・受診をしてください。

 

関連記事:喉の痛みの市販薬でよく効く商品をランキング形式で徹底比較!

 

RSウイルスで出勤停止になる?


RSウイルス

学校保健安全法で定められた出席停止期間や、出勤停止期間などはにありません

風邪などと同じく咳症状や発熱などが無く元気な状態であれば、園や学校、会社と相談して登園、出勤が可能です。

 

 

西春内科・在宅クリニックでできる対応


RSウイルスの治療は対症療法になるので、当院では症状に合わせてお薬を処方させていただきます。

発熱や咳がある場合は他の感染症、特にインフルエンザ感染症やコロナウイルス感染症にも共通する症状ですので、そちらの可能性を無くすためにインフルエンザ、コロナウイルスの検査を行う場合もあります

また重症度に応じて点滴や入院が可能な病院へのご案内をさせていただく事もあります。

 

 

RSウイルスについてのまとめ


RSウイルスの多くは重症化のリスクが低く、ほとんど風邪と変わりません

ですが1歳未満の赤ちゃんや基礎疾患のある方には危険性のあるウイルスです。

多くの方には危険性の低いRSウイルスですが、インフルエンザ感染症やコロナウイルス感染症の可能性もあります。

RSウイルス感染症かもしれないと思った際も、他の感染症の可能性を除外するために、医療機関を受診しましょう。

参考文献

RSウイルス感染症とは? | 知っておきたい!家庭の感染と予防 | サラヤ株式会社 家庭用製品情報
RSウイルス感染症にご注意ください!! | 国立成育医療研究センター
子供がRSウイルスに感染したら? | キャップスクリニック(医療法人社団ナイズ)
RSウイルス感染症Q&A(令和6年1月15日改訂)|厚生労働省
大人のRSウイルスの症状や検査、出勤停止期間について | ひまわり医院(内科・皮膚科)

不眠とうつの関係性について|コロナ後遺症の可能性もある?

不眠とうつ

眠れないとどんどん体力と気力が削られてしまい、さらに気分が悪く…

そうなりがちな負の連鎖、不眠とうつの関係性について今回は解説していきます。

 

 

不眠とうつの関係性について


不眠うつ

日本では不眠に悩む方が多くいます。

不眠は、ストレスや疾患、薬の副作用、生活リズムの乱れによって引き起こされることがあります。

具体的な症状は、寝つきが悪い眠りが浅い早朝目が覚めるなどが挙げられます。

改善のためには、ストレスを減らし、生活リズムを整えることが重要です。

また、不眠とうつの関連性も指摘されており、不眠が長く続くと「うつ」のリスクが高まることが報告されています。

不眠に悩む場合は、専門医に相談することが大切です。

 

関連記事:五月病の症状やなりやすい人の特徴|うつ病との違いなども解説

 

ストレスも不眠の原因になる?

不眠うつ


不眠症の多くはストレスが原因で起こることがあります。

ストレスフルな出来事に直面すると、多くの人が数日から数週間の間、眠りにくい状態になることがあります。

その中で、不眠が1ヶ月以上続く人もいます。

特に週に3回以上、3ヶ月以上続く場合は、不眠症の可能性が高くなります

不眠症は、ストレスだけでなく、精神的な問題や身体的な疾患によっても引き起こされることもあります。

また、ストレスが続いたり、適切な睡眠環境や習慣が欠けている場合、不眠は慢性化する可能性があります。

眠れないことに対する恐怖心からますます眠れなくなることもあります。

さらに、以下のような睡眠に関する悪習慣が、不眠を悪化させる要因として考えられます。これらを修正することで、不眠を改善することができます。

寝る前の刺激物質の摂取


カフェイン(コーヒーや紅茶)、ニコチン(タバコ)、アルコールなどを摂取すると眠りにくくなることがあります。

寝床での過ごし時間の調整


寝不足を解消しようとして、長時間ベッドで過ごすことが逆効果となり、眠りが浅くなることがあります

日中の活動量の確保


不眠が続くと、日中の活動量が減少しやすくなりますが、適度な運動をすることで、睡眠の質が向上することがあります。

睡眠時間の認識のズレ


実際の睡眠時間と自覚している睡眠時間が異なる場合があります

睡眠時間を調整することで、より質の高い睡眠を得ることができます。

 

 

うつによる不眠の改善方法とは

不眠うつ


まずは、考え方や生活習慣の改善から始めましょう。

ベッドで眠れないと感じる場合、無理に眠ろうとするのではなく、一度起きて本を読んだり、好きなことをして過ごすことをおすすめします

生活習慣

  • 毎日同じ時間に起きるよう心がける
  • 運動を習慣づける。(寝る4〜5時間前に運動するのが理想的)
  • 眠りやすい環境を整える(適温に調整した部屋、自分に合った寝具、遮光カーテンを使用することなど)
  • 夕方以降のカフェイン摂取を控える
  • 寝る前のスマホやパソコンの使用を控えリラックスする時間を確保する
  • 寝る前の飲酒やタバコを控える

人によって適切な睡眠時間は異なるため、「絶対に7時間は寝ないとといった考え方は逆にストレスを与え、眠りにくくする可能性があります。

そのため、眠れないことを意識しすぎず、上記のようなポイントに注意しながら、リラックスして過ごすことが重要です。

内服薬


改善が難しい場合は、薬物治療や精神療法を検討してみましょう。

医師が適切な処方や治療法を提案してくれます。

最近では副作用や依存の少ないお薬も増えています

抗うつ薬も不眠症状の改善に役立つ場合がありますので、医師と相談してみることをおすすめします。

 

関連記事:律神経失調症のセルフチェック26項目!こんな兆候は危険かも?|西春内科・在宅クリニック

 

うつは不眠だけでなく過眠もある?


不眠うつ

うつ病で過眠症状が出る場合


うつ病の方は慢性的なストレスを抱えていることが多く、それにより十分な睡眠が取れなかったり、疲れがたまったりします。

最近の研究では、うつ病に関連するセロトニンという物質の働きを制御する脳の領域が不快感を感じると活性化し、浅い眠りを維持しようとすることがわかっています。

しかし、浅い眠りでは体が十分に回復できず日中に眠気が残ることがあります。

また、ストレスを受けると無意識のうちに睡眠を求めるようになることもあります。

睡眠は心身の疲労を回復させるため、うつ病による過眠症状は必要な反応とも言えますが、ストレスの原因にもなることがあります。

うつ病の治療薬で過眠症状が出る場合


うつ病の不安や緊張などの症状を抑えるために使用される抗うつ薬には眠気が副作用として現れることがあります

また、不眠症状を改善するために睡眠薬を用いることもあります

このように、うつ病の治療薬が過眠の原因となることがありますが、自己判断せずに主治医と相談しながら適切に対処することが大切です

 

 

コロナ後遺症で不眠とうつになることがある?


不眠うつ

新型コロナウイルス感染後、不眠やうつ病などの精神症状が出ることが報告されています。

不安障害(不安症)


不安障害は、普段よりも過度な不安や恐怖を感じる状態です。

人前で話すことが怖くなったり、日常生活で緊張や不安を感じることがあります。

このような症状が長く続く場合は、不安障害の可能性があります。

気分障害


気分障害には、うつ病や躁うつ病などが含まれます。

うつ病では気分が沈んでしまい、日常生活に支障が出ることがあります。

また、躁うつ病では気分が高揚したり沈んだりすることがあります。

睡眠障害


睡眠障害には、不眠症や過眠症などがあります。

不眠症では寝つきが悪くなったり中途覚醒が多くなったりします

これらの症状が続く場合は、睡眠障害の可能性があります。

これらの精神症状は、コロナ後遺症として現れることがあります。

必要ならば、専門家と相談して適切な対処方法を見つけることが大切です。

 

関連記事:過食嘔吐になる原因|顔がむくんでしまう理由や治療方法を解説

 

コロナ後遺症の相談なら西春内科・在宅クリニックまで


西春内科・在宅クリニックでは新型コロナウイルス後遺症外来を行っております。

新型コロナ後遺症は、時間の経過とともに徐々に改善することが多いとされていますが、 半年以上続く患者さんもいます。

コロナ後遺症外来 – 西春内科・在宅クリニック(北名古屋市の内科・発熱外来・訪問診療)

また、常勤の内科医が様々な心身の不調に対して、診察を行っております。

まずは、精神的な不調の陰に、体の病気が隠れていないかを確認し、必要であれば最寄りの精神科や心療内科と連携し、治療を行っています。

心配な症状がある場合には、当院またはお気軽に最寄りの心療内科や精神科などクリニックや診療所を受診して相談しましょう。

 

 

【まとめ】うつによる不眠は医療機関へ相談を


不眠はストレスが原因なことが多く、長く続くとうつに発展する可能性が高まります。

ストレスは一度抱えると負の連鎖のように重なり、重症化してしまう事もあります。

生活習慣を改善したり、少しでも不調だと感じたらすぐに医師に相談し、早期治療を試みましょう。

参考文献

不眠の原因と改善、うつ病との関連

不眠症(睡眠障害)|こころの情報サイト

うつ病で眠れない?今すぐできる対処法も解説! – MIZENクリニック豊洲内科・心療内科

過眠とうつ病の関係性とは?過眠の症状と原因を医学論文をもとに解説 – MIZENクリニック豊洲内科

新型コロナ後遺症の精神症状について | 新橋メンタルクリニック

圧迫骨折でやってはいけないこと4選!自宅療養のポイントについて解説

圧迫骨折

圧迫骨折とは尻もちなどのケガで背中の骨(椎体)がつぶれて扁平になってしまう骨折です。

高齢の女性に起こりやすく、骨粗しょう症(こつそしょうしょう)によって骨が弱くなっていることが大きな原因です。

今回は、圧迫骨折が高齢者に多い理由や、放置した際のリスク、治療方法などについて詳しく解説していきます!

ぜひ最後までお読みいただき、ご自身の治療に役立ててください。

 

 

圧迫骨折が高齢者に多い理由


圧迫骨折が高齢者に多い原因として、骨粗しょう症と背中の曲がりが挙げられます。

それぞれについて解説していきます。

骨粗しょう症とは


圧迫骨折

骨の量(骨量)が減ってしまい骨が弱くなり、骨折しやすくなる病気
です。

日本では約1000万人以上の患者さんがいるといわれており、高齢化に伴ってその数は増加傾向にあります。

骨が弱くなってしまうと背中の圧迫骨折の他に、手首や上腕骨の付け根、股関節の骨折を起こしやすくなってしまいます

骨粗しょう症になる原因として、老化と女性ホルモンの減少が挙げられています。

骨は皮膚や髪の毛と同じように新たに作られること(骨形成)と溶かして壊される(骨吸収)新陳代謝を繰り返しています。

骨粗しょう症は、このバランスが崩れることで起こり、閉経によって女性ホルモンが減少することが大きな原因です。

背中の曲がりとの関連


圧迫骨折

背中の骨は椎体といって、首、胸、腰の部分で頚椎、胸椎、腰椎の3つに大きく分かれています。

背骨は進化の過程において、立った姿勢を保てるようにS字のカーブを描いています。

そのため、カーブの曲がっている部分で負担が大きくなりやすく、胸椎の下の部分と腰椎の部分で圧迫骨折が起こりやすくなります。

また、1箇所で骨折が起きてしまうと、背骨の前方の高さが減ってしまうことで姿勢が悪くなっていきます。

そうすると、重心が前に移動して、てこの原理により背骨の負担が増加してしまい、次々と骨折を起こしてしまう可能性が高くなります。

そのため、初めの骨折を起こさないようにすること、初めの骨折の段階で骨粗しょう症の治療を始めることが大切になってきます。

 

関連記事:高齢者の足のむくみの原因とは|放っておくと危険な理由も解説

 

 

圧迫骨折は気づきにくい?放置するリスクについて


圧迫骨折

通常の圧迫骨折は尻もちをつくなどのケガが原因で起こり、寝返りや起き上がりなどの動作ができないくらいの腰痛があるので気づくことが多いです。

しかし、特に背中が痛くなった経験がないのに、レントゲン検査をして背骨が骨折をしていたということがわかる「いつのまにか骨折」が多いのも圧迫骨折の特徴です。

ほとんどの圧迫骨折は保存治療といって手術をせずに安静や腰のバンド、コルセットなどで治療をしていきます。

しかし、手術が不要だからといって放置することは禁物です。

稀に圧迫骨折で潰れた骨が神経を圧迫して、足の麻痺や排尿・排便の感覚がわからなくなることがあります。

また、圧迫骨折の原因として骨粗しょう症が隠れていることが大半なので、放置することによって、さらなる骨折を起こしてしまう可能性があります。

そのため、圧迫骨折と診断されたら、放置をせずに医師の指示に従い治療を始めることが必要です。

 

関連記事:尿路感染症に高齢者がなりやすい理由|原因と症状について解説

 

 

圧迫骨折でやってはいけないこと4選


圧迫骨折

圧迫骨折では背骨に負担がかかる動作をすることで痛みが悪化したり、背骨がより潰れてしまうことがあるので、控えるべき動作があります。

圧迫骨折で控えるべき動作について解説していきます。

仰向けに寝る


背骨への負担を避けるためには横向きで寝るのがお勧めです。

仰向けの姿勢は背骨への負担が大きいことがわかっているので、できるだけ控えるようにしてください。

前かがみになる


前かがみの姿勢は骨折部を上下から圧迫する力がかかるので、避けることが必要です。

日常動作で多く行う姿勢ですが、痛みが強くできないことがほとんどですし、やりすぎると背骨がつぶれてしまう原因になります。

できるだけ家族に介助してもらったり、ハンドキャッチャーを使用して前かがみはしないようにしましょう。

重いものを持つ


重いものを持つ時には力学的に腰に大きな負担がかかっています。

そのため、痛みが悪化する原因になるのでしないようにしてください。

体をひねる


体をひねる動作も痛みの悪化の原因になります。

特に骨折をして初めのうちは寝返りもできないくらいの痛みとなります。

そのため、悪化しないように、できるだけ体をひねらないようにして過ごすようにしてください。

 

関連記事:【治る認知症】高齢者がなりやすい水頭症の症状から原因、治療について解説

 

圧迫骨折の治療について


圧迫骨折

治療の基本は安静や腰のバンド、コルセットを使った保存治療と、骨粗しょう症の検査・治療です。

保存治療では痛みが和らぐまで安静にして、腰のバンドやコルセットで腰を保護します。

特に骨折をしてから1ヶ月の間は骨折している部分が不安定で潰れる可能性があるので、注意が必要です。

可能であれば病院でコルセットを作成してもらい、背中を曲げる動作は控えるようにしましょう。

痛みの期間ですが、早い人では2週間から、多くの人では3~4週から骨が形成されてきて痛みが楽になります。

しかし骨が硬くなるまでは数ヶ月かかるので、骨折がしっかり治るまでは無理をしないようにすることが大切です。

ご高齢の方の圧迫骨折はほとんどの場合、骨粗しょう症が原因です。

病院で血液検査や骨密度検査を行い、今後の骨折予防のために治療を始めることが勧められます。

骨粗しょう症の予防にはカルシウム、ビタミンD、ビタミンK、たんぱく質を摂取して、禁煙し、アルコールを控えめにして運動、日光浴をすることが有効です。

カルシウムやビタミンDは骨を強くする成分ですが、日本人では不足しがちなのでサプリメントも併用して十分に取るようにしてください。

またタバコ、アルコールは骨を弱くしてしまうので控えるようにし、逆に運動は骨を強める作用があるので積極的に行うようにしましょう。

また、日光浴をすることで体内でビタミンDが作られるので1日20〜30分程度行うことが勧められます。

またお薬での治療もあります。

健康な骨は作られる(骨形成)のと壊される(骨吸収)ことのバランスが保たれていますが、骨粗鬆症では骨吸収の作用が強くなっています。

そのため、骨吸収を抑制させたり、骨形成を強めることで骨を強くすることができます。

お薬はたくさんの種類があり、患者さんの年齢や状態によって選択されます。詳しくは担当の医師とよく相談することが大切です。

圧迫骨折になったら入院が必要?自宅療養のポイントについて


圧迫骨折

圧迫骨折になってしまっても必ず入院が必要なわけではありません。

痛みの程度が強く、自宅で生活ができない場合には入院が必要ですが、痛みが軽度で家族が介助できる時にはご自宅で治療することもできます。

自宅療養の際のポイントについて解説します。

安静にする


骨折部に骨が作られて痛みがやわらいでくる2-3週間まではできるだけ安静にするようにします。

姿勢に注意する


前かがみや腰をねじる動作は痛みの悪化の原因になるのでしないようにしましょう。

コルセットを使用する


病院でコルセットを処方してもらい、できるだけつけておくようにしましょう。

コルセットを使うことで、腰が保護されて痛みが軽減します。

痛みや骨折の状態にもよりますが、およそ2-3ヶ月程度の装着が目安です。

あまり長期間の使用は背中の筋肉が衰える原因になるのでおすすめできません。

医師からの指導を守ることが大切です。

薬を使用する


痛みが強い場合には市販薬や病院で処方された鎮痛薬を使用しましょう。

鎮痛薬は飲み薬、坐薬、湿布など色々あるので組み合わせて使うことがおすすめです。

 

関連記事:高齢者に多い骨折の部位を解説|治癒期間や手術ができない場合について

 

 

病院やクリニックでの処方について


圧迫骨折

病院やクリニックでは鎮痛薬、コルセットを処方してもらうことができます。

また必要に応じてブロック注射やリハビリを行うこともあります。

鎮痛薬はロキソニンやアセトアミノフェンなどの成分があり、これらを組み合わせて処方されます。

また飲み薬、坐薬、湿布などの種類があります。

コルセットはご自分で購入すると高額ですが、圧迫骨折に対するコルセットは健康保険が適応されるので実費の1〜3割の負担で購入することができます。

さらに、痛みを軽減させるブロック注射や筋力が低下している時にはリハビリが行われる場合もあります。

骨折によって寝たきりになってしまわないようにしっかりと治療を受けることが大切です。

 

 

西春内科在宅クリニックができる対応


西春内科・在宅クリニックでは、丁寧な問診と診察を行い、診断をします。

診断のために、レントゲン撮影を行います。

痛みがある場合、鎮痛剤などの処方を行えますのでまずはお気軽にご相談ください。

当院だけでは症状が悪化していると判断した場合には近隣の病院へ紹介することができます。

痛みが早くよくなるように、治療に当たりますので、心配な症状がある時にはぜひお気軽にご相談ください。

 

 

まとめ


今回は、圧迫骨折が高齢者に多い理由や、放置した際のリスク、治療方法などについて詳しく解説しました。

圧迫骨折は高齢の方によく起こる背骨の骨折です。

痛みがよくなるまで数週間、治るまで数ヶ月かかります。

また、ほとんどの場合で骨粗しょう症が原因です。

放置しておくことで痛みが長引いたり、さらに骨折を起こしてしまうことがあります。

そのため、初期の段階からしっかりと治療をすることが大切です。

お困りの症状がありましたらいつでもご相談ください。


参考文献

日本整形外科学会.脊椎椎体骨折
日本骨折治療学会.骨粗鬆症による脊椎圧迫骨折
日本整形外科学会.骨粗鬆症(骨粗しょう症)
腰椎圧迫骨折の原因・症状・治療法などについて解説
圧迫骨折でやってはいけないことは?正しい動作とリハビリを解説
圧迫骨折とは?自宅療養のポイントや痛みを和らげるコツを解説

低温やけどの治し方は?水ぶくれの処置や対処法について解説


低温やけど

こんにちは、皆様低温やけどを知っていますでしょうか?

低温やけどは皮膚の下でやけどが起こっている状態で、見た目ではなんともないことが多いやけどです。

そのため気付いた時には深いやけどに…という事があります。

そのようなことにならない為に、今回は低温やけどについて対処法や予防法などを解説していきます!

 

 

低温やけどとは


低温やけど

低温やけどとは低温(44~50℃くらい)のものに長時間接することで起こるやけどの事を言います。

一般的に44℃のものにおよそ6時間接触し続けると低温やけどになると言われています。

就寝時など、数時間かけて発症するケースが多いですが、50℃に近いものだと、数分触れているだけで起こることもあります。

そして、接する時間が長いほど深い火傷になります。

44℃~50℃前後というのは、例えば湯たんぽやカイロなど、短時間触れるだけでは痛みなどはなく寒い時には心地よく感じるものです。

普通のやけどと何が違う?


低温やけど

では、普通のやけどとの違いは何でしょうか?

普通のやけどとは沸騰しているお湯やその鍋に触れたらすぐにやけどしてしまいますよね。

例えば高温でお肉を焼くイメージです。

逆に低温やけどは低温でじっくり時間をかけてお肉を焼くイメージです。

外側は焦げませんが、中まで火が通りますよね。

高温の物は反射的にサッと手を引っ込めたりしますが、低温やけどで発症する場合は熱いと感じた時点で既に低温やけどになっているところが特徴です。

 

 

低温やけどの原因


低温やけど

では、どんなものが低温やけどの原因になるのでしょうか?

意外と身近なものが多く、湯たんぽやカイロ、電気毛布など、寒い時期に使用しそのままうたた寝して発症…というケースが非常に多いです。

  • 湯たんぽ…布団を暖めるために使用し、就寝前に布団から取り出しましょう。カバーをつけることでリスクを軽減することが出来ます。
  • 使い捨てカイロ…素肌には当てず衣服の上から使用するようにしましょう。
  • 電気毛布、ホットカーペットなどの暖房器具…できるだけ寝る前に電源を切りましょう。タイマー機能などを活用し、長時間同じ場所に当たることを避けましょう。
  • スマホ、モバイルバッテリー…意外と充電中のスマホは発熱しており低温やけどのリスクがあります。就寝中に寝返りを打っても触れないところに置きましょう。

低温やけどの症状


低温やけど

低温やけどだけでなく、やけどには損傷を受けた深さによって下の様に分類されます。

 Ⅰ度


皮膚の表面だけに障害を受ける。

見た目…乾燥していて、日焼けをした時のような赤みがある。

症状…ひりひりした痛みがある。

 Ⅱ度(浅達性)


見た目…赤くなり、痛い。

症状…水ぶくれができる。痛みがある。

Ⅱ度(深達性)


見た目…やや白っぽい

症状…水ぶくれができる。強い痛みがある。

 Ⅲ度


皮膚のすべての層に障害を受ける。

見た目…黒や白、褐色になる。

症状…水ぶくれはできない。激しい痛み、もしくは痛みが無い。

 

 

低温やけどの応急処置


低温やけど

低温やけどが起きた場合、まずはとにかく患部を冷やすことが大切です。

目安として10分~30分ほど流水で冷やしましょう。

冷やすことでやけどが深くなることを防ぎ、痛みを和らげることが出来ます。

また、低温やけどは見た目では深さが判断できないので、放置せず病院を受診しましょう。

氷や保冷材などは冷たすぎて、長時間冷やしてしまうと凍傷や低体温になってしまったりする可能性があります。

また、やけどにはアロエや味噌を塗る民間療法がありますが、深度の分からない低温やけどにはほとんど効果がありません。

奥深くまで損傷している可能性がある為です。

低温やけどの治療法


低温やけど

低温やけどの治療法は深さによって異なります。

Ⅰ度~Ⅱ度(浅達性)では炎症を抑えるステロイド外用剤による治療や、やけど専用の絆創膏による治療を行っていきます。

Ⅱ度(深達性)~Ⅲ度などの損傷レベルが深い場合は専門の医療機関での治療が必要です。

皮膚が壊死してしまった場合には、皮膚が自己再生することが困難な為、壊死した皮膚を除去(デブリードマン)、皮膚移植する場合もあります。

低温やけどは見た目では深さがわからないことが多いので病院を受診し、診察してもらいましょう!

 

 

低温火やけどの水ぶくれの処置は?


低温やけど

水ぶくれが出来ている場合には潰さずそのままにしましょう。

潰してしまうとその跡から雑菌が入り込んでしまい症状が悪化する危険性がある為です。

処置としては、ラップにワセリンを塗り患部の上に巻き、清潔に保ちましょう。

万が一水ぶくれを潰してしまったら、破れた皮をそのままにし、上記の処置を行ってください。

また、ガーゼで覆う事は避けましょう。

なぜならガーゼが水ぶくれの皮に張り付き、剥す際に強く痛むためです。

服を着ていてその下が水ぶくれになっている場合は、服の上から流水で冷やし、脱がずにそのまま病院を受診しましょう。

低温やけどの予防法


低温やけど

とはいえ寒い時期にカイロや電気毛布などの暖房器具などを使わないというのは難しいですよね💦

したがって低温やけどを予防するためには暖房器具、防寒グッズの使用する際に、説明書に記載された使用方法を守る事が大切です。

どれも、素肌に当てず長時間同じ場所を暖めないこと、タイマー機能などを活用し就寝中の使用を避けるなど、

正しい使い方を徹底することで低温やけどのリスクを低減することが出来ます。

特に高齢者や小さいお子様、神経障害があり感覚が鈍い方などは低温やけどのリスクが高い為、十分に注意しましょう。

西春内科・在宅クリニックでの対応方法


西春内科・在宅クリニックでは、軽症のやけどであればワセリンなどの保湿剤、抗生物質の塗り薬、抗炎症作用のある塗り薬、やけど下部分の外傷処置を行います。

また、やけどが重症であれば専門の医療機関へご紹介をいたします。

 

 

まとめ


低温やけどは本人が気付かない内に症状が進行していくのが特徴です。

そのため迅速な対応が必要です。

応急処置として流水で冷やしたとしても、見た目ではどれだけ進行しているか判断が出来ない為、基本的には医療機関に受診しましょう!

暖房器具や防寒グッズの使用上の注意を確認し、正しく使うことで低温やけどは予防することが出来ます。


参考文献

低温やけどって普通のやけどと違うの? 低温やけどの基礎知識: COLUMN-Maison KOSÉ

やけど(熱傷)|一般社団法人 日本創傷外科学会 一般の皆様へ

低温やけどはすぐに応急処置を!身近にある原因を知って適切な予防に努めよう

低温やけどにご注意ください! |クリニックコラム | タナカ皮膚科

低温やけどって見た目はなんともないけど大丈夫?対処や予防法を解説|三井住友海上

『低温やけど』の症状、原因、対処法。重症にならないように予防が大切|田辺三菱製薬

認知症が一気に進む原因とは?入院すると急激に悪化する?

以下皆さん、認知症について深く考えたことはありますか?

 

認知症は予防法をうまく生活に取り入れておくと、万が一認知症になった後でも、症状の進行がゆるやかになり、生活の質を保つことができます。

 

いつまでもはつらつとした生活を送りたいですよね。

 

そこで今回は認知症が一気に進む原因や日頃からできる予防、対策法などについて詳しく解説します。


認知症が一気に進むかもしれない原因

 

怒り

 

認知症の進行速度は人によって大きく異なります。先ほど紹介した認知症の種類や個人個人の遺伝的要因ももちろん絡みますが、生活スタイルでも進行速度が変わる場合があります。

 

ここでは、認知症が一気に進む原因について確認しておきましょう。

 

早期に発見できなかった

 

まずはなんといっても早期に発見できたかが非常に重要です。

 

認知症の発症初期は緩やかに進行しても、ある時点から急激に症状が重くなることもあります。

 

かなり進行してしまってから実は認知症だったとわかるケースでは、発覚して間もなく症状が一気に進むといったこともありえます。

 

早期発見には本人よりも周りの人が気付てあげることが効果的です。身近な人が「最近物忘れがひどいな」と感じたら、物忘れ外来などの病院を受診することを勧めてあげましょう。

 

どこを受診すればいいかわからない場合は、各地区の地域包括支援センターに連絡をすれば適切な医療機関を紹介してもらえます。

 

脳への刺激が少ない

 

脳の細胞は何らかの刺激を受けることで活性化し、使わなければその機能はみるみるうちに低下していきます。

 

日々刺激的なこともなく、脳の機能を使わない生活を続けてしまうと脳が委縮し、結果として認知症の進行を早めることに繋がるでしょう。

 

独居の高齢者が外出する機会が極端に減ったり寝たきりの生活が続き、認知症を発症してから誰にも気付かれずに進行してしまっていたというケースがよく見られます。

 

強いストレス

 

過度なストレスが認知症の進行に悪影響を及ぼす場合もあります。ストレスを受けたときに分泌されるコルチゾールというホルモンは、適量であれば様々なメリットがありますが、分泌されすぎると記憶力の低下などといった副作用があり、認知症を進行させる恐れがあるとされています。

 

また、他人からの過度な責によって無気力状態になってしまうと活動量が減り、認知症の進行を早める結果に繋がることも。

 

さらには病気や怪我による入院、施設への入居、身近な人の死といった急激な環境の変化でも強いストレスを感じ、認知症が一気に進行した例が報告されています。

 

認知症の進行を遅らせるためには脳への適度な刺激が必要ですが、過度な刺激はストレスとなって認知症を早めてしまう恐れがあることを覚えておきましょう。

 

>>知らないと危ない糖尿病の症状と合併症について

>>認知症における顔つきの特徴と症状や種類について

 

認知症の種類と特徴

 

脳

 

世間では「認知症」と一括りにされていますが、大きく分けて下記の4種類に分類されています。

  • アルツハイマー型
  • レビー小体型
  • 脳血管型
  • 前頭側頭型


それぞれ原因や症状の現れ方が異なるため、初期の兆候を見逃さないためにも、認知症の各種類について確認しておきましょう。

 

アルツハイマー型

 

認知症の中で最もメジャーな型で、「アルツハイマー病」と呼ばれているのは、実はアルツハイマー型の認知症のことです。

 

アルツハイマー型認知症は脳にアミロイドβというたんぱく質が蓄積することと、神経線維が変性してしまうのが特徴です。

 

初期に見られる症状としては、

  • 数分~数時間前など、ごく短期間のことを忘れる
  • よく使う言葉なのにとっさに出ない
  • 親しみのある人や物の名前が出てこない
  • 大切なものをよく失くす
  • 好きだったことに急に興味を示さなくなる


といったものが挙げられます。いわゆる認知症の特徴に当てはまれば、まずはアルツハイマー型を疑うとよいでしょう。

 

レビー小体型

 

レビー小体型認知症は、認知機能が正常なときとそうでないときの波が激しいのが特徴です。高齢者になると認知症でなくても物忘れが多くなってくるので、認知症を疑われにくいのが厄介な点といえるでしょう。

 

しかし他の認知症と決定的に違う点があり、

  • 幻視
  • パーキンソン症状
  • 睡眠中の異常行動
  • ネガティブすぎる言動
  • めまいや立ちくらみ


上記のような症状が見られやすいことです。

 

実際にはないものが見えていると発言したり、動作が緩慢になったり小刻みに震える様子が見られた場合にはレビー小体型を疑いましょう。

 

脳血管型

 

脳梗塞や脳出血によって脳の一部に十分な血液が供給されなくなり、その結果脳の一部の機能が低下して認知機能に影響を及ぼします。

 

認知機能に関する症状はアルツハイマー型とよく似ていますが、脳卒中の前後で明らかに認知機能の低下が見られる場合は脳血管型であることが濃厚です。

 

前頭側頭型

 

文字通り社会性や倫理観を司る前頭葉、知識や記憶を司る側頭葉に何らかの障害が起こることで発症する認知症。

  • 社会性の欠落(万引き、信号無視など)
  • 性格が暴力的になる
  • 自分や他人に無関心になる
  • 同じ行動を繰り返す


上記のような症状が見られるようになります。一方で認知機能の低下はあまり目立たないことも。

 

そのため認知症ではなく他の精神疾患などと診断されることも少なくない病気です。

 

 

認知症になりやすい人の特徴

 

落ち込む

 

認知症については数々の研究が世界中で行われており、認知症になりやすい人の特徴はかなりわかってきています。

 

まずは年齢ですが、言うまでもなく歳を取るほど認知症になりやすくなります。

 

これはイメージしやすいと思いますが、とはいえ歳をとるとみんなが認知症になるわけではありません。

 

そこで2017年にLancetと呼ばれる学術雑誌に掲載された認知症のリスク因子に関わる研究を紹介します。

 

それによると、認知症になりやすい 人の特徴との言える認知症のリスク因子としての以下の12個が挙げられました。

 

  • 高血圧
  • 聴覚障害
  • 喫煙
  • 肥満
  • うつ病
  • 運動量
  • 糖尿病
  • 社会的孤立
  • 低学歴
  • 過度のアルコール摂取
  • 頭部外傷
  • 大気汚染

 

 上記のうち、特に高血圧や糖尿病は肥満や喫煙、運動不足、アルコールの過剰摂取は、いわゆる生活習慣病とも言われます。生活習慣病をもっていると、それだけ認知症になるリスクが高いと示唆されているのです。

 

これらの12個の因子には修正可能なものもあるため、当てはまる人は積極的に改善していく必要があります。

 

これらの因子に当てはめると、実に全世界の認知症患者の40%がこれに当てはまります。要するに認知症になりやすい 人の特徴とも言えます。


理論的には
上記12個の因子を修正すれば認知症の発生リスクを40%も軽減し、また発症したとしても発症時期を遅らせる可能性があります。これは我々現場の医師からすればとてつもない効果です。

 

また、社会的孤立という因子は、さらに詳しくみると性格と深く関わっています。

 

 どのような人が社会的孤立をしやすいかというと、気が短くてイライラしやすい性格の人は時間とともに人との関わり合いが減ってきて最終的に孤立する可能性が高くなります。

 

 他人との協調性が低い人も孤立しやすいため注意が必要です。また他にもマイナス思考でネガティブな口癖をもっているような人はうつ病を発生しやすいので、結果的に認知症のリスクが高いといえます。

 

「自分に当てはまっているな」と思った方は、将来認知症にならないためにも少し改善が必要かもしれません。

 

認知症は入院すると急激に悪化する?

 

 

医療の現場でしばしば見られるケースとして、認知症のある人が認知症以外の原因で入院・治療し、入院中や入院後に認知症が一気に進むことがあります。

 

これは入院することでベッド上での生活を余儀なくされた結果、食事の用意や洗濯・掃除などの日常生活を一時的にしなくなり、生活にハリがなくなって脳への刺激が減ったことで認知症が一気に進行したと考えられています。

 

生活環境の変化に人は非常に敏感です。

 

認知症になる前から万病の元である高血圧や糖尿病、肥満などを予防し入院する必要がないようにするのが理想です。また認知症になってからは、より一層入院しなくて済むような健康管理が重要となるでしょう。

 

認知症の症状について

 

 

認知症の症状は大きく分けて中核症状行動・心理症状があります。具体的に見ていきましょう。

 

中核症状

 

中核症状とは認知症の症状の中心であり、記憶障害見当識障害が挙げられます。

 

記憶障害

 

記憶障害は認知症の症状として最も有名です。

 

 しかし単なる物忘れなのか、問題のある物忘れなのかの判断は意外と難しいと思います。

 

 少しでもおかしいと思ったらすぐに上記のような専門施設に相談して欲しいですが、一つの目安を紹介します。

 

 患者さんでもよく「最近物忘れがひどくて、昨日食べたご飯がなんだったがすぐ思い出せないんです、私って認知症なんでしょうか?」と心配されている方がおられます。

 

 ただ知っておいて欲しいのは、人間は忘れる生き物です。それは普通のことです。

 

 しかし昼ごはんを「食べた」という事実自体を忘れてもう一度ご飯を食べるというのは問題のある物忘れです。

 

 他にも初めて会った人の名前をすぐ忘れたというのは割とあることですが、昔から知っている友人の名前が出てこないのも問題のある物忘れです。

 

 これを専門用語でいうと短期記憶長期記憶といい、短期記憶は忘れて当然なので普通のことですが、友人の名前や自分の電話番号などは長期記憶に分類され、これを忘れるのは問題があります

 

 これらの例を一つの目安にして、認知症の早期発見に役立ててください。

 

 見当識障害

 

見当識障害」は聞き慣れない言葉かもしれません。

 

 見当識とは現在の日時や時刻、また今自分がどこにいるかなどの状況の把握のことを言います。

 

 医療の現場では意識レベルの評価などに用います。認知症では、この見当識も障害されます

 

 認知症の方に今日の日付を聞くと、日にちを間違えるどころか月を間違えたり、季節を間違えたりすることもあります。

 

 また場所もわからなくなるため普段住んでいる街で道に迷ったり、家に帰れなくなったりすることもあります。

 

以上のような障害の結果、様々な症状が出現します。

 

いくつか例を挙げましょう。

  • 理解力が低下してお金の管理ができなくなる
  •  運転がうまくできなくなる
  •   今までできていた料理ができなくなったり、味付けなどがおかしくなる
  •   家事の段取りができなくなったり、仕事の効率が落ちる
  •   身だしなみが疎かになって季節にあった服を選べなくなる


我々人間は記憶や見当識といった能力を日常生活の中で無意識に使っており、これらが傷害されることにより様々な症状が引き起こされるということです。

 

行動・心理症状

 

 行動や心理症状では、性格の変化が挙げられます。

 

 例えば今まで熱心にやっていた趣味に興味を示さなくなったり、何をするのも面倒くさがったりします。

 

 また、一人でいることを異常に怖がったり不安に思う一方で、些細なことで怒ったりイライラすることが多くなったりします。

 

 また被害妄想が多くなり、自分のものが誰かに取られたと疑う「物取られ妄想」をいった症状が出現することもあります。

 

 おそらくこれらは、認知症によって今まで生きてきて獲得した「我慢」など高度な脳機能がうまく働かなくなり、持って生まれた「気質」みないなものが前面に出てしまい、その結果上記のような様々な症状が出るのではないかと思います。

 

 認知症の症状は、本当に人それぞれです。

>>アルツハイマーと認知症の違いは?原因や初期症状、なりやすい人の特徴について

  

日頃からできる認知症の予防と対策法

 

 

認知症の予防や対策法としてはすでに紹介した「修正可能な12個のリスク因子」である下記を改善する必要があります。

 

  • 高血圧
  • 聴覚障害
  • 喫煙
  • 肥満
  • うつ病
  • 運動量
  • 糖尿病
  • 社会的孤立
  • 低学歴
  • 過度のアルコール摂取
  • 頭部外傷
  • 大気汚染

 

また、すでに認知症を発症している場合も同様です。1つずつ日頃からできる認知症の予防と対策法について見ていきましょう。

 

運動

 

運動は激しい運動よりも、散歩やジョギングといった有酸素運動が効果的です。

 

 こういった有酸素運動は肥満の改善・予防に役立ちます。

 

 また運動は思いつきで時々やるのではなく、日々できる程度の有酸素運動(頑張らなくてもいい程度)を毎日の習慣にすることが重要と考えます。

 

 これらは認知症の予防だけでなく肥満の解消から高血圧や糖尿病、コレステロール異常などといった生活習慣病の改善にも効果的です。

 

 どうしても「運動しなきゃ!」と思うと頑張りすぎて3日坊主になりがちですが、なんといっても重要なことは習慣化することです。まずはできる範囲で(5分くらいの散歩でも)十分なので、はじめてみましょう。

 

 ここで一つ注意しなければいけない点があります。それは定期的な運動については、先述の「Lancet」の論文によると効果は患者の年齢によって異なるとされています。

 

 一番効果的なのは中年の方と言われています。ちょうど生活習慣病が発症するくらいの年齢です。

 

 それを過ぎて高齢者になりますとやや運動の重要度は下がります。

 

 とはいっても運動がダメなわけではありませんので、自分のできる範囲の軽い運動を是非続けていただきたいと思います。

 

社会的孤立を防ぐ

 

 認知症は社会や他者との関わりがなくなると発症しやすく、またすでに認知症の方は症状が早く進行します。

 

 これは社会や他者と触れ合うことは、コミュニケーションなどの様々な脳の活動を無意識に行う必要があり、言うならば最高の「脳トレーニング」になるからです。

 

 人間は社会性を持つ生き物です。趣味などがあるならぜひそれを大事にして、それを通じて社会との関わりを持ち続けましょう。

 

 趣味がこれといってない方は、是非色々な知らない世界を覗いてみて、積極的に趣味を持ちましょう。

 

 どうしてもそういったことができない場合は、指先を使ったような手遊び、例えば裁縫なども脳トレーニングになりますので検討してみてください。

 

生活習慣病を治す

 

 上記の修正可能な12個のリスク因子の中に高血圧や糖尿病といった生活習慣病も入っています。

 

 これらの病気は医師による適切な対応が必要ですが、ご自身でも食事や運動習慣の見直しが重要です。

 

生活習慣病は何か症状が出た時にはかなり進行しています。

 

 普段からバランスの取れた食事を心がけ、運動習慣も持ち適正体重を維持するようにしましょう。

 

 世の中では食事は様々なことが言われており、何がいいかはわかりにくいと思います。

 

 医学的にも確実にこれがいいという食事は実はよくわかっていませんが、日本人にあった対応としては

  1. 野菜を積極的に撮る
  2. 外食はし過ぎないようにする(外食は塩分が多い傾向にあります)
  3. 魚や大豆製品を積極的に食べる(豚肉や牛肉、鶏肉といった動物性脂肪は取り過ぎないようにする)
  4. 夕食は和食中心にする(夕食は食べ過ぎず、夕食後は食べないようにする)

 
といったポイントが挙げられます。また喫煙や過度なアルコール摂取の習慣がある方は改善する必要があります。

 

 会社の検診で生活習慣病の疑いがあると言われた場合は放置せず、医療機関を受診することをお勧めします。主婦の方などで会社の検診がない方は時々でも大丈夫なので地域の健康診断を受けてみましょう。

 

 病気は全て、病気になってからの対応よりも早期発見と予防が最も重要です。

 

>>当院の健康診断について 

 

難聴を治す

 

 難聴も認知症のリスク因子のひとつです。

 

 難聴はいきなりなるとわかりやすいですが、徐々に進行すると本人は意外と気付かなかったりします。

 

 難聴になると外界からの情報が脳に届きにくくなり、結果として認知症のリスクが高くなります

 

 検診で聴力の低下を認めた場合は早めに医師にかかるようにしましょう。

 

 最近では様々なタイプの補聴器が出ており、これらの道具を使えば難聴も十分に修正可能です。

 

 難聴も本人だけでなく周囲の人の気付きが重要です。最近聞き返しが多いなと感じたら放置せず、医療機関の受診を勧めてください。

>>物忘れがひどくなる原因は?|認知症との違いや物忘れ対策について

 

もし家族や身内が認知症になったときの対応

 


もし身近な人が認知症になった場合、その後の対応がこれまで以上に重要となります。

 

 まずは修正可能な12個のリスク因子について当てはまるものを調べ、それぞれ可能なら医療施設なども受診しながら改善していくことが重要です。

 

 また認知症を診察するための主治医、地域のかかりつけ医を見つけることも重要です。

 

 認知症には進行を遅らせる飲み薬などもあります。

 

 積極的に医学の力も使いながら、適切に対応しましょう。

 

西春内科在宅クリニックができる対応

 

当院では認知症・物忘れ外来を設置しております。

 

 当院の医師による問診と心理検査など物忘れ・認知症に関する専門的な検査を受けることができます。

 

 さらに詳しい検査が必要な場合には、頭部CTなど画像検査を使っての検査も行うことができます。

 

検査の結果を確認し、医師による総合的な診断が行われます。

 

>>当院のCT検査について

 

まとめ

 

 本記事を読んで、認知症についての理解が少しでも深まり、その結果自分や身近な人の役にたてば幸いです。

 

 繰り返しになりますが認知症は予防と早期発見が非常に重要です。

 

 そのためには修正可能な12個のリスク因子について、一つでも減らせるように少しずつ生活習慣を見直しましょう。

 

 参考文献

 

(1)   Gill Livingston, et al. Dementia prevention, intervention, and care: 2020 report of the Lancet Commission. The Lancet Journal. 2020 Aug 8;396(10248):413-446.

(2)   Petros Stamatelos, et al. Alzheimer Dis Assoc Disord. 2021;35:315-320.

痛風の初期症状は足がピリピリ?一日で治る?どんな痛み?

健康診断で尿酸の値が高い」と言われた

そんなにビールばかり飲んでたら痛風になるよ」と言われた


なんて経験をされたことはないでしょうか。

 

「そういえば職場のおじさんが足痛そうにしていたけど、自分には関係ないかな~」なんて甘く見ていてはいけません。

 

近年、飽食の時代になり痛風、高尿酸血症は増加傾向にあります。


昔の人はよく言ったもので「風が吹くだけで痛む」ような激痛に襲われるのが痛風の特徴です。


早い段階で生活習慣を改善して痛風を予防できるなら、それに越したことはありません。


今回は痛風の特徴や原因、対策について解説していきます。ぜひ最後までご覧ください。

 

 

痛風とは


痛風になりやすい場所

 

痛風とは、体内の尿酸が多い状態が続いたことで尿酸が結晶として析出し、急激に関節を刺激して炎症を起こしている状態をいいます。


 溶けきれなくなった砂糖がコップの底に溜まるように、体内の尿酸が上がりすぎると血液の中に溶けきれなくなり、関節の中に結晶が析出(固体が分離して出てくること)するのです。

 

尿酸が結晶化しているのでチクチクと関節を攻撃されているというイメージです。

 

痛風の初期症状|足の指がピリピリしたら要注意!

 

 

痛風は特に前兆もなく、いきなり足の親指の付け根付近に激痛が走って自覚することが多いです。

 

しかし、一定数の方が足の指に「ピリピリ」であったり「ムズムズ」とした違和感を覚えたと訴えることも。

 

これが先述した「関節の中に溶けきれなかった尿酸の結晶が関節にいたずらをしている」ときの自覚症状となります。

 

 

痛風になるとどんな痛みがあるのか

 

 

主に足の親指の付け根などに激痛があるのが痛風の特徴ですが、痛み方にも特徴があります。

 

関節のピリピリやムズムズ感といった不快感の後に痛みに移行し、24時間以内にピークに達するのが特徴です。

 

痛みの種類としては、ズキズキと疼くような激痛があるのが特徴です。痛風発作は夜に起こることが多いです。

 

痛風の痛みは一日で治る?

 

痛風は生活習慣病のひとつであり、何か処置を施したからといって一日で治るものではありません。発作と痛みはだいたい数日から2週間程度で治ることが多いです。

 

ただし、これは発作が一時的に治まっているだけであり、原因となっている尿酸値の高さを改善しないことには再発の恐れがあることに注意しましょう。

 

痛風に効く薬や痛み止めについて

 

「そんなことはいいから、この足の痛みをどうにかしてくれ!」という方もいらっしゃるでしょう。

 

その場合、すぐにお近くの医療機関を受診されることをおすすめします。

 

急性の痛風発作の治療は消炎鎮痛薬コルヒチンステロイドで行います。これらが主成分の薬があれば服用してみても良いでしょう。

 

また、患部を氷で冷やすと痛みが楽になります。

 

発作を乗り越えた場合は、尿酸値を下げるお薬も検討します。

 

尿酸降下薬の候補は以下の通りです。

 

  • 尿酸合成阻害剤(例;アロプリノール、フェブキソスタット、etc.)
  • 尿酸排泄薬(例;プロベネシド、ベンズブロマロン、etc.)
  • 尿酸酸化酵素(例;ラスブリカーゼ、etc.)

 

細かい使い分けなどは今回は割愛します。

 

発作の時には、なによりも関節炎を和らげることが大事なので、冷やして痛み止めを使うというふうに考えていただければよいでしょう。

 

🔻横浜内科・在宅クリニックのブログ記事

▶︎痛風の症状の特徴や起こりやすい場所とは?原因となる食べ物についても

 

痛風は女性にも発症する?

 

 

女性が痛風になった話を聞くことはあまりありませんが、尿酸値が高ければ男女関係なく発症します。高尿酸血症の頻度は全人口の男性で20%女性で5%と報告されています。


イメージどおり男性に多いのが特徴ですが、女性の方も油断できません。


厚生労働省の国民生活基礎調査で推定される痛風患者数は、2016年の時点で全国で100万人を超えているとされ、急速に増加していると報告されています。

 

痛風になる原因

 

 

「なんとなく痛風がどんな病気なのかわかってきたよ」という方も増えてきましたでしょうか。

 

では痛風はなぜ起こるのでしょうか?

 

最初に少し述べたように、痛風は尿酸結晶による関節炎です。


尿酸の結晶がちくちくと関節を痛めているイメージでしたね。


しかし結論から言うと、この結晶形成の因子はよくわかっていません


血液の酸性度尿酸の溶解度体温などさまざまな要素によるものと考えられていますが、どのような原因で尿酸が結晶化して関節に沈着するのかはわかっていません。

 

かといって高尿酸血症の人のうち、ほとんどの人は痛風にならないということがわかっています。


尿酸値が高くても、結晶になって関節にダメージを与えるかどうかは人それぞれです。

 

関節に沈着して炎症を起こすかどうかには、遺伝子の違いがあるといったことなどが議論されています。

 

🔻横浜内科・在宅クリニックのブログ記事

▶︎痛風の症状の特徴や起こりやすい場所とは?原因となる食べ物についても

▶高尿酸血症ってどんな病気?合併症や痛風について

 

痛風になりやすい人の特徴


痛風になりやすい人の特徴

先ほど述べたように高尿酸血症があるからといって痛風になるとは限りません。


しかし尿酸値が高いと尿酸が結晶になりやすいことは間違いありません。


したがって尿酸値が高い人は痛風になりやすいといってもよいでしょう。


生活習慣との関連もあり、厳密な相関関係があるかはわかりませんが、中年以上の男性に多いのも特徴です。

 

また先ほどの遺伝子の話にもつながりますが、ポリネシアの人々や台湾の原住民では欧米の2倍以上の罹患率と報告 されており、食文化だけでなく遺伝的な影響もあるのかもしれません。

 

🔻横浜内科・在宅クリニックのブログ記事
▶︎痛風の症状の特徴や起こりやすい場所とは?原因となる食べ物についても

 

痛風を予防するには?


痛風に悪い食べ物や飲み物

「痛風がやっかいな病気というのはわかったから、どうしたらいいか教えてよ」という方もいらっしゃるかもしれません。


結論からいうと、適度な運動食生活の改善など、普段から健康を維持するために努めることが最大の予防対策です。

 

特に下記の食材はプリン体と呼ばれる物質が多く含まれており、痛風の原因になると言われているので、食べ過ぎている人は注意しましょう。

 

  • アルコール
  • 赤身肉
  • 魚卵
  • レバー類

 

また、アルコールや砂糖は肝臓で代謝されて尿酸値が上がる原因になります。


🔻横浜内科・在宅クリニックのブログ記事
▶︎痛風の症状の特徴や起こりやすい場所とは?原因となる食べ物についても

▶胃がんの症状は胃炎や胃潰瘍と似ている?【早めの検診を】

 

西春内科在宅クリニックができる対応

 

当院では血液検査で尿酸値を測ることや消炎鎮痛薬や尿酸を下げるお薬を処方することができます。


高尿酸血症があっても痛風が起きるかどうかは別物というのが難しいところですが、患者様それぞれの状態・状況にあわせてベストな生活指導や投薬を行えるように日々努力しています。


気になる症状がございましたらお気軽に当院へご相談ください。

 

🔻横浜内科・在宅クリニックのブログ記事
▶︎痛風の症状の特徴や起こりやすい場所とは?原因となる食べ物についても

 

 

まとめ

 

以上、痛風の概要、特徴などに関してまとめてみました。


「風が吹いても痛い」というところから病名がとられるほど、昔から知られた病気なのに、よくわかっていないことも多く奥が深いですね。


ただ現時点でも食事や運動などの生活習慣との関わりが解明されていたり、日々治療法も進化しています。


健康診断で尿酸が高いと言われたり、足の親指が痛くなったりといったことに心当たりのある方は、一度ご相談に来られてはいかがでしょうか。


この記事が少しでも多くの方の参考になれば嬉しい限りです。最後までご覧くださりありがとうございました。

 

▶関連記事:高尿酸血症ってどんな病気?合併症や痛風について

 

参考文献

 

1) 高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン. 日本痛風・核酸代謝学会ガイドライン改定委員会 編. 2019.
2) 冨田眞佐子ら. 高尿酸血症は増加しているか?. 痛風と核酸代謝 2006;30:1-5.
3) 厚生労働省 国民生活基礎調査 結果の概要 https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa16/dl/04.pdf

4) Nicola D, et al. Gout. Lancet. 2016 Oct 22;388(10055):2039-52.

胃がんの症状を解説!胃潰瘍や胃炎との違いは?【早めの検診を】

はじめに

胃がんはかつて日本人のがん死亡率の第1位でしたが近年は減少傾向で、2020年厚生労働省の部位別がん死亡者数では男性では肺がんを下回り第2位、女性で第5位です。

 

しかし、胃がんになる人の数は比較的多く、2018年に診断された人は男性で約9万人、女性で約4万人います。

 

つまり、胃がんは治癒する人が増えてきているガンと言えます。

 

これには、日本では胃がんの早期発見・早期治療の進歩が著しいためと考えられます。

 

そこで今回は胃がんについて詳しく解説していきたいと思います。



胃がんについて


胃がんは、胃の壁の最も内側にある粘膜の細胞が、何らかの原因でがん細胞になって
無秩序に増殖を繰り返しておこる病気です。

 

検診などで見つけられる大きさになるまでには、何年もかかるといわれています。

 

胃がんとなる要因


胃がんとなる要因は?


胃がんが
発症するメカニズムは完全にはわかっていません。

 

しかし、胃がん発症のリスクを高める要因はわかってきています。

 

そのほか、塩分の多い食事、野菜や果物の摂取不足、喫煙、過度な飲酒、ストレスなどの生活習慣が要因となって、胃がんが起こるとされています。

 

ここではひとつずつ胃がんの要因となりうるものについて見ていきましょう。

 

ピロリ菌感染

 

胃がんの発生リスクを高める要因として、まずピロリ菌の感染が挙げられます。

 

ピロリ菌感染による慢性的な胃粘膜の炎症は、胃がんの主原因の1つとされています。

 

ピロリ菌は感染すると胃に炎症を起こす細菌です。50歳以上の方は約70%以上の方がピロリ菌に感染しているとされています。

 

胃がんの重要な危険因子のひとつとされますが、感染した人の全てが胃がんになるわけではありません。

 

肥満

 

肥満が発がんに及ぼすメカニズムは様々言われていますが、肥満になるとインスリンが十分に働かなくなり、インスリンが過剰に分泌されてしまう高インスリン血症の状態が起きることで、発がんリスクを上げると考えられます。

 

ただし、痩せすぎによってがんのリスクが上がることも知られており、過度の肥満や痩せはどちらも注意が必要です。

 

塩分の過剰摂取

 

塩分の過剰摂取は胃がんのリスクを上げる可能性が大きいとされています。

 

高濃度の塩分は胃粘膜を保護する粘液を破壊し、胃酸による胃粘膜の炎症や、ピロリ菌の持続感染を引き起こしたりすることにより、胃がんのリスクを高めると考えられています。

 

喫煙

 

たばこが肺がんの原因として有名ですが、胃がんをはじめとするさまざまながんの原因となることが科学的に明らかにされています。

 

また、たばこを吸うと、本人だけでなく、吸わない人にも健康被害を引き起こすため注意が必要です。

 

現在たばこを吸っている人も、禁煙することによってがんになるリスクを下げることができます

◆痛風の前兆とは?痛風になりやすい食べ物や食事による原因

 

胃がんのステージについて 


胃がんのステージは、

  • がんの深達度(T因子):胃がんが胃の壁のどの深さまで進んでいるか、
  • リンパ節転移の数(N因子):がんがいくつのリンパ節に転移しているか
  • 遠隔転移(M因子):がんが他臓器へ転移しているか

 

というT/N/Mの3つの要素でステージを判断します。

 

そして、それらを組み合わせて最終的にステージIA~IV期に分類します

 

IA期が最も早期のがんで、IVが最も進行したがんです。

IA~IB期は、早期胃がんと言われる段階で、手術で治る可能性が高い病期です。

中でもIA期であれば内視鏡治療や腹腔鏡下手術などの低侵襲の治療が可能になります。

II期は中程度に進んだがんで、手術で根治が期待できますが、その後に化学療法を行うことが有効とわかっています。

再発を防ぐために抗がん剤投与までを一連の治療とします。

IIIA、IIIB期はある程度進行しているもののまだ手術によって治る可能性のある病期です。

手術単独では再発率があがってきてしまうため、手術後あるいは手術前の化学療法を組み合わせることが必要です。

IV期は胃がんが進行して転移している状態です。

遠隔転移(肝転移・肺転移など)や腹膜播種(お腹の中に癌細胞がまき散らされている状態)を認める場合に診断します。

手術治療で根治を目指すことが困難なため化学療法を中心に治療を行います。


ステージ
Ⅳをまとめると以下のようになります。

ステージⅠ 

自覚症状はほとんどありません。検診などを受けなければ見つからない段階と考えてください。5年生存率は91.2%とされています。

 

ステージⅡ 

自覚症状はほとんどありませんが、時に胃痛などを自覚する場合もあります。5年生存率は80.9%とされています。

 

ステージⅢ 

胃痛を自覚したり、採血での貧血を顕在化してくる段階です。症状としては腹痛、腹部膨満感、嘔気嘔吐、黒色便などです。この段階では5年生存率 54.7%程度です。

 

ステージⅣ 

遠隔転移がある段階で、腹痛・腹部の膨満感・嘔吐・吐き気・胸やけ・黒色便・吐血・貧血などの症状がみられると思われます。ただし、中には全く自覚症状がない状態の方もいますので注意が必要です。5年生存率は9.4%程度です。

 

 

 胃がんの症状や前兆として気をつけてほしいこと 

 
胃がんの前兆とは


初期症状や前兆


胃がんは、
早期の段階では自覚症状がほとんどありません。

 

また、かなり進行しても症状がない場合があり注意が必要です。

 

その中でも胃がんの代表的な症状は、胃(みぞおち周囲)の痛み・腹部の不快感・腹部の違和感、胸やけ、吐き気、食欲不振などです。

 

時に食事がつかえる、体重が減るといった症状が出現する場合もありますが、それらの症状は進行胃がんを示唆する症状になります

 

進行した状態になると吐血や黒色の便が出る


胃のがん部分は粘膜がガン細胞に取って代わられているため、
同部位は容易に出血しやすくなっています。

 

そのため、気が付かない間に胃の中で出血することによって貧血をきたしたり、血液が便に交じって黒い便がでたりするという症状が出ることもあります。

 

また腹痛などがなくてもそれらが発見のきっかけになる場合もあります。

 

胃炎や胃潰瘍でも吐血や黒色の便が出る


吐血や黒便は、胃がんだけにみられる症状ではなく、
胃炎や胃潰瘍の場合でも同様の症状が起こります。

 

そのため、胃炎や胃潰瘍などを疑い内視鏡検査を行ったときに偶然に胃がんが見つかることもあります。

 

胃炎や胃潰瘍と、胃がんの見分けは、内視鏡検査で細胞の検査(病理学的検査)をしない限り断定はできません。

 

検査した方が良い症状のチェック項目


胃(みぞおち周囲)の痛み

  • 腹部の不快感
  • 腹部の違和感
  • 胸やけ、吐き気
  • 食欲不振
  • 食事がつかえる
  • 体重が減る

 

といった症状があり、これらの症状が1週間以上続くようならば早めに内視鏡検査を受けることをお勧めします。

 

胃がんの検査と治療について


胃がんの検査について


胃がんの検査と治療には以下のようなものがあります。

胃x線検査 


胃x線検査は
リウムをのんで、胃の形や粘膜などの状態や変化をX線写真で確認する検査です。

 

胃がんが存在すると、胃の形態に変化があるためそれを見つけることで胃がんを疑うことができます。

 

胃内視線検査


胃内視線検査とは
内視鏡を用いて胃の内部を直接見て、がんが疑われる部分や、その広がり(範囲)と深さを調べる検査です。

 

胃がん診断にとって最も重要な検査です。

進行度によって治療は異なる


胃がんの治療法には、
内視鏡治療、手術、薬物療法などさまざまです。

 

どの治療法を選択するかはガイドラインの定めた標準治療に基づいて行われることが多く、患者の状態や年齢、希望なども含めて担当医と共に協議の上決めていきます。

 

以下は簡単にステージ別の治療方針を記載します。

ステージⅠ 

粘膜層までの早期癌の場合は、内視鏡手術で根治が目指せる場合もあります。リンパ節転移の有無などを調べて治療方針を決定します。

 

ステージⅠ(粘膜下層)~Ⅲ 

この段階では手術加療が主です。手術後に判明したリンパ節転移の有無や、癌の進行度によっては抗がん剤治療を組み合わせる場合もあります。

 

ステージⅣ

手術のみでは根治が難しいため、抗がん剤治療などを最優先させる段階です。特定の転移の状況では手術が選択肢にあがることもあります。

 

 

何科にいけばいい?


胃がんを心配するような症状があれば、まずはかかりつけのクリニックや、
消化器内科を受診してください。

 

早期発見と定期的な検診を


胃がんは、早期の段階で見つかれば根治の可能性が高くなりますが、早期の場合は自覚症状がないことがほとんどです。

健康診断を定期的に受けることが大切になってきます。

 

西春内科在宅クリニックができる対応


当院では、最先端のCT装置を完備しており、
健康診断などにより胃がんの早期発見・早期治療に努めます。

 

日々の定期受診、採血などを行うことで胃がんの初期症状に気が付くことができます。

 

また、ただの腹痛などで受診された場合も、CT検査を用いることで正確に病状を評価することができます。



 

まとめ


胃がんは、悪性腫瘍の中でも死因上位を占める存在ですが、
早期発見できれば治癒が目指せる時代となってきました。

 

早期発見・早期治療がカギになります。

 

もし気になる症状があれば早めにかかりつけ医や消化器内科を受診するようにしてくださいね。

◆関連記事:乳がんのしこりは痛みがない?なりやすい人の特徴や検査についても

 

参考文献


・国立がん研究センター がん情報サービス
https://ganjoho.jp/public/pre_scr/cause_prevention/factor.html

 

・東北ろうさい病院
https://www.tohokuh.johas.go.jp/expert/receive/

 

【監修医師】

外科専門医 Dr.梅村 将成

肺がんの気をつけてほしい初期症状や原因、ステージ(進行度)について

はじめに

肺は、機能的に呼吸を通じて酸素を取り入れて二酸化炭素を排出する役割を生体内では担っております。

 

通常では左右にひとつずつあり、心臓が少し左側にあるため、左肺は右肺よりも少し小さい構造になっています。

 

また、右肺は上葉、中葉、下葉3つに分かれていて、左肺は上葉、下葉の2つに分岐した構成になっています。

 

このような構造を呈している肺という臓器に悪性腫瘍が形成される「肺がん」については、がん死亡者数第1位(男性1位、女性2位、男女計1位)の疾患です。

 

一方で、罹患者数で評価してみると、全体の第3位(男性2位、女性4位、男女計3位)となっています。

  

これらのことから、肺がんは胃がんや大腸がん、あるいは乳がんなどと比較して早期発見が難しく、発見された際にはすでにかなり進行している状況であることが多いです。

 

ゆえに、肺がんを早期発見することは重要な観点と考えられます。



肺がんについて



肺がんについての説明

がんの死亡者数の中でも肺がんが最も多い?

 

これまでの統計より、男性は大体10人にひとり、女性はおよそ21人にひとりの割合で、一生のうちに「肺がん」と診断されています。

 

肺がんと新たに診断される人の数は年々増加しており、2015年には約11万人(男性 約8万人、女性約3万人)が肺がんと診断されています。

 

男女別では、男性の方が女性の約2倍程度多く罹患しており、年齢が上昇すればするほど罹患率も高くなり、特に60歳以降になると急激に増加すると指摘されています。

 

2018年の厚生労働省の報告では、肺がんは日本人のがんによる死亡数の第1位を占めているとのことです。

 

肺がんは現在のところ世界的に増加傾向にあります。

 

英国、米国では喫煙率の低下に伴い肺がんの罹患率は減少しはじめている一方で、本邦では年々増加する一途です。

 

すでに我が国の男性では肺がんは胃がんを抜いて死亡率の最も高いがんになっていて、最近では女性にも増えてきている傾向があります。

 

ほかの臓器に転移しやすい

 

肺がんは、腫瘍が認められる患側はもちろんのこと、その反対側の肺実質やその他の臓器である脳、骨、肝臓、副腎、リンパ節などに転移しやすいと考えられています。

 

転移形態は、肺で構成されたがん細胞が血液やリンパ液の循環に乗じて、他臓器に移動して増殖するために引き起こされます。

 

しかし、特に肺では多くの血管やリンパ管が構造的に張りめぐらされて存在するため、悪性腫瘍が他の臓器に波及しやすいと考えられます。

 

肺がんの種類について

 

肺がんは、その組織型の違いによって、「小細胞肺がん」「非小細胞肺がん」に分類されています。

 

その中でも、大多数を占めているのは「非小細胞肺がん」であり、さらに「腺がん」、「扁平上皮がん」、「大細胞がん」に分けられています。

 

腺がん

 

腺がんというのは、唾液が分泌される唾液腺や胃液を分泌している胃腺など腺組織とよく類似した形状を呈しているがんのタイプであり、多くの場合には肺の比較的末梢に位置する肺野部に認められます。

 

一般的に、腺がんは女性やタバコを吸わない非喫煙者にできる肺がんの種類であり、その割合は肺がん全体のおよそ半分程度を占めると言われています。

 

扁平上皮がん

 

扁平上皮がんは、皮膚や粘膜などを構成する組織である扁平上皮に類似した形状をしているがんのタイプです。

喫煙との関係がとても濃厚とされ、大部分は肺の入口部に近い肺門部に形成されやすく、その割合は肺がん全体のおよそ30%程度を占めます。

 

大細胞がん

 

大細胞がんは、腺や扁平上皮などを始めとする身体における正常組織に類似した部分を認めないがんの中で、細胞の大きなタイプを大細胞がんと呼称しています。

多くは腺がんと同様に肺野部に形成されますが、その発症割合は肺がんのなかでも数%を占める程度です。

 

小細胞がん

 

小細胞がんは、腺や扁平上皮などを始めとする身体における正常組織に類似した部分を認めないがんの中で細胞の小さなタイプです。

他の組織型と比較して発育成長が速く、他臓器へ転移もしやすいのが特徴的です。

 

小細胞がんの多くは肺の入口部に近い肺門部に形成されやすく、その割合としては肺がん全体のおよそ10%前後を占めています。

 

 肺がんとなる原因


肺がんとなる原因


たばこ

 

肺がんは一般的に喫煙歴と深い関係にあることが多く、本疾患を予防するうえで禁煙は欠かせません。

 

何より見逃してはいけない事実として、喫煙は肺がんの危険因子の重要な要素であることです。

 

喫煙者は非喫煙者と比べて男性で約4倍、女性では3倍近く肺がんになりやすいと言われています。

 

さらに、喫煙行為を始めた年齢が若ければ若いほど、また喫煙量が多ければ多いほど肺がんを発症するリスクが高くなります。

 

そして、受動喫煙(周囲に流れるたばこの煙を吸うこと)も肺がんのリスクを2~3割程度高めることが知られてきました。

 

遺伝

 

肺がんは、通常では肺細胞の遺伝子に傷がつくことで発生すると考えられています。細胞に傷をつける原因は様々ですが、最大の原因としてたばこの影響が指摘されています。

 

実際のところ、両親や兄弟、近い親戚などに肺がん発症者がいると、本人も肺がんを罹患する危険性が高くなる理由は解明されていません。

 

一方で、例えば家族の誰かが喫煙していると他の家族もたばこの煙を吸う機会が多くなる、あるいは同居者の受動喫煙などの影響もあって同様の生活習慣を共有しているという環境因子と肺がん発症リスクとの関連性が示されています。

 

今後は、もともとの体質に関係する遺伝子タイプ、もしくは遺伝子タイプと喫煙習慣などの環境要因との相互研究を進めることで肺がん発症のメカニズムをさらに解明できることが期待されています。

 

大気汚染

 

呼吸器系悪性腫瘍のひとつである肺がんの原因はタバコだけではなく、いわゆるPM10やPM2.5などを始めとする大気汚染物質もその発症リスクになると考えられています。

 

職業的に石綿などに曝露せざるを得ない状況や大気汚染が肺がんを発生するリスクを高めると言われています。

 

世界保健機関によると、年間でおよそ120万人の死亡が大気汚染という原因が影響して引き起こされており、肺がんで死亡する人の約10%が大気汚染によると推測されています。

 

今後は、世界レベルで大気汚染濃度を減少する試みに取り組むことで全体的に公衆衛生課題が改善して肺がんの発症リスクを少しでも低下させることが期待されるところです。

 

女性ホルモン

 

近年のさまざまな調査研究から、実は「女性ホルモン」が肺がんのリスク因子として有力視されてきています。

 

例えば、月経期間が長い女性や、エストロゲン補充療法を受けたことのある女性に、肺がんの発症率が高いことが従来から問題視されてきた経緯があり、これらの事実から肺がんにおけるエストロゲンの関連性についての研究が進められました。

 

その成果があって、現在ではエストロゲンの体内合成にかかわる遺伝子と、特に肺腺がんとの関係や発症の仕組みが解明されつつあります。

 

エストロゲンというホルモンに関しては高脂血症や高血圧の予防にも役立つ重要な女性ホルモンである一方で、月経期間の長い女性やエストロゲン補充療法を受けた経験がある女性の場合には、通常よりも肺腺がんのリスクが高くなることを忘れないでおきましょう。

 

 肺がんのステージと生存率


肺がんの生存率とステージについて


肺がん
ステージ1

 

肺がんに伴う症状としては、大きく分けて原発巣やリンパ節転移による症状、あるいは遠隔転移に合併する症状に分類することができます。

 

肺がん自体が他の悪性腫瘍と比較して自覚症状が出現しにくい疾患として代表的です。

特に早期的な段階であるステージ1では無自覚で経過することが多く、時に初期症状として咳や血痰、食欲減退などが認められることがあります。

 

がんの生存率は、性別、生まれた年、年齢が同じ人と比べどのくらいかで表示されていて、統計的に5年生存率がよく用いられており、がんと診断されてから5年後に生存している割合を意味しています。

 

この生存率に応じて、治療効果の指標として捉えることが出来ますし、多くのがん疾患において治療して5年間再発しなければ、今後再発する可能性が低くなるという考え方のもとで、5年という基準を設けられています。

 

ステージ別の肺がん患者さんの5年生存率は、ステージ1で約77%と考えられています。

 

肺がんステージ2

 

ステージ2における典型的な症状としては、慢性的な咳嗽、息切れ、血が混じる痰、顔面や頸部領域の腫脹、体重減少などが挙げられます。

 

ステージ別の肺がん患者さんの5年実測生存率は、ステージ2でおよそ45%程度であると考えられています。

 

肺がんステージ3

 

がんがステージ3まで進行してくると、慢性的に継続する咳嗽、胸部から腕や肩にかけての痛み、長期的に続く血痰、声が枯れる嗄声症状などが現れます。

 

肺がんの腫瘍そのものが大きくなることで咳嗽や血痰などの呼吸器症状、もしくは転移したリンパ節が近傍の反回神経を巻き込むことで嗄声症状が現れることがあります。

 

これらは主に胸部内でがん病巣が進展することによって引き起こされる徴候であると考えられます。

 

ステージ別の肺がん患者さんの5年生存率は、ステージ3で約23%と言われています。

 

肺がんステージ4

 

がんが最終段階であるステージ4に進行すると、喘鳴、呼吸困難などを引き起こして、さらに悪化進展すると、胸部痛などに加えて骨転移に伴う疼痛症状、あるいは脳転移に合併して出現する痙攣などを代表とする脳神経症状などが認められます。

 

肺がん自体の予後が他の悪性腫瘍と比較して不良である理由のひとつは、肺がんそのものによって自覚症状が出現しにくいために、がん病巣がある程度進行して有意な症状が出現して初めて医療機関を受診される患者さんが多いためと考えられています。

 

ステージ別の肺がん患者さんの5年実測生存率は、ステージ4で約6%と極めて低値であるという統計結果が挙げられます。

 

これまで述べてきたデータから、り早期に治療を開始した人の方が、5年生存率が明らかに高いことが容易に理解できます。

 

自分も心配だなと思った時の対処方


肺がんと疑わしいとき


何科にいけばいい?

 

肺がんは早期発見が非常に重要な観点となります。

 

肺がんでは初期症状として、慢性的な咳嗽、痰(特に血痰)、胸痛、呼吸困難などの症状が認められることが知られています。

 

ゆえに、このような症状を自覚した場合には早期的に呼吸器内科、あるいは呼吸器外科のある病院またはクリニックに受診して、精密検査を受けるように相談しましょう。

 

検診でがん発覚のきっかけや早期発見

 

肺がんを事前に予防する手段として「がん検診」は重要な視点となり得ます。

 

その目的は、がんを早期発見し、適切な治療を行うことであり、何よりもがんによる死亡を減少させることに尽きます。

 

わが国では、厚生労働省の「がん予防重点健康教育およびがん検診実施のための指針」で各種の検診方法が定められています。

 

その中でも提唱されているように年齢が40歳以上の方は少なくとも1年に1回は肺がん検診を受けてくださいね。

 

ほとんどの自治体では、検診費用の多くを公費で賄っており、ごく一部の自己負担で検診を受けることが出来る仕組みが整っています。

 

検診の具体的なプログラムとしては、胸部X線検査、喀痰細胞診および問診が主要項目となります。

 

特に問診内容では、

 

  • 自覚症状の有無
  • 喫煙歴の長さ
  • 妊娠の可能性の有無
  • 過去の検診の受診状況

 

などを確認することになります。

 

したがって、受診した検診の検査結果が「要精密検査(肺がんの疑いあり)」となった場合には、必ず医療機関などで精密検査を受けるように心がけましょう。

 

病院での検査と治療について



手術

 

肺がんに対する治療方法を決定する際には、その組織型やがんの進行度(ステージ)、全身状態、年齢、合併症などを総合的に検討します。

 

手術治療を行う適応は、Ⅰ期、Ⅱ期の非小細胞肺がん、あるいはⅠ期、ⅡA期の小細胞肺がんという風に比較的早期のがん病巣が対象とされており、手術によって悪性腫瘍を切除しきることができると判断された場合に実施されます。

 

実際に、手術ができるかどうかについては、術前の全身状態を色々な検査結果に基づいて評価し、術後の順調な回復を目指すために術前には1カ月以上の禁煙を提唱されます。

 

これまでの一般的な手術方法としては、胸部の皮膚表面を20cm程度切開して、肋骨間からアプローチする開胸手術が実施されてきましたが、近年では胸腔鏡を挿入してモニター画面を見ながら進める低侵襲手術が広く普及しています。

 

化学・放射線治療

 

一般的に放射線治療とは、高いエネルギーを有する放射線を照射してがん細胞を狙って病巣を消滅させる効果を期待して行う治療法です。

 

がん自体の進行抑制として積極的に施行されるケースもあれば、末期がんに伴う身体症状の緩和を目的として実施される場合もあります。

 

特に、全身状態が良好であれば、抗がん薬を投与できると判断される場合には、放射線治療と同時に化学療法を併用して実施することがあります(化学・放射線療法)

 

この場合には、放射線治療と抗がん薬治療を同時期に施行したほうが、時期を分けて使用するよりも治療効果が上がると考えられていますが、急性の副作用が出現して治療を継続できない状態に陥る可能性も指摘されています。

 

薬物治療

 

薬物治療とは、薬剤を点滴や内服で体内に投与して、がんの増殖を抑制して病巣進展を遅らせる効果を期待して行う治療となります。

 

体内に投与された薬物は全身を循環するので、肺実質以外の他の臓器に転移を認める際にも効果的ですし、手術や放射線治療などと組み合わせてがんの再発や転移を予防することを目的として実施されるケースもあります。

 

その治療効果は、X線検査やCT検査などの画像検査、あるいは簡便に血液検査で判定できる腫瘍マーカーなどを測定して判定することが多いです。

 

通常では、肺がんの薬物療法で主に投与される薬剤としては、大きく分類すると

  • 細胞障害性抗がん薬
  • 分子標的薬
  • 免疫チェックポイント阻害薬


が知られています。

 

現実的に、どの薬剤を実際に投与するかは肺がんの組織分類、病期、全身状態などを総合的に考慮して個々の背景によって判断されることになります。

 

西春内科在宅クリニックができる対応

 

肺がんは、早期発見により十分に治療が可能な病気です。

 

万が一、検診や人間ドックで肺がんの可能性を疑われた場合は、可能な限り早期的に精密検査を受けられることをお勧めします。

 

西春内科・在宅クリニックでは、常勤の内科医師の診察により、肺がんの診断、治療をサポートすることが出来ます。また、健康診断も実施しております。

 

当院の健康診断についてはこちらをご参照ください。

 

まとめ

 

日本人の二人に一人ががんになると言われている時代です。

 

これまでの研究から年間約8万人が罹患してそのうちの7万人が死亡すると言った具合に全体の癌の中でも最も死亡数が多いのが肺がんという病気です。

 

肺がんの主な原因はタバコです。

 

喫煙による肺がんの発症リスクは、喫煙しない人と比較して男性で約5倍、女性で概ね3倍程度とされています。

 

いわゆるタバコには約60種類の発がん物質が含まれており、肺や気管支が繰り返して発癌性物質に暴露されることにより細胞に遺伝子変異が起こり、この遺伝子変異が積み重なると肺がんになると考えられています。

 

その他にも、受動喫煙、周囲の環境、食生活、放射線、薬品などがリスク因子として挙げられます。

 

肺がんは現在のところ、多くの癌のなかで男性では死亡原因の第1位、女性では第2位であり、その他の癌腫と比較すると、発見が遅れがちで死亡率も高く、早期発見および予防対策が非常に重視されています。

 

本人が禁煙するのはもちろんのこと、家族全体で禁煙に取り組みましょう。

 

そして、普段から規則正しい日常生活を心掛けて、バランスのとれた食事を摂取するように意識して取り組みましょう。

 

今回の記事の情報が少しでも参考になれば幸いです。

 

参考文献

 

1)おしえて肺がんのこと:https://oshiete-gan.jp/lung/about/statistic/

 

2)肺がんには、どんな種類がありますか?:https://p.ono-oncology.jp/

 

3)肺がん・治療:https://ganjoho.jp/public/cancer/lung/treatment.html

更年期の関節痛とリウマチの違いとは?起床時や冬の症状に注目

更年期リウマチ違い

更年期における関節の痛みは、多くの方が経験する一般的な症状です。

しかし、この痛みが単なる更年期の影響なのか、それともリウマチなどの他の疾患が原因なのかを見分けることは非常に重要です。

本記事では、更年期の関節痛とリウマチの違い、特に起床時や冬の寒い時期に現れる症状に注目し、それぞれの特徴と対処法について解説します。

 

 

更年期に関節痛が生じるのはなぜ?


更年期リウマチ違い

更年期は、特に女性において重要な生理的変化の時期です。

この時期には、ホルモンバランスの大きな変動が生じ、それが様々な身体的不調を引き起こす原因となります。

特に影響を受けるのはエストロゲンというホルモンで、この減少が関節痛の一因になり得ます。

また、更年期に起こる関節痛は、リウマチの初期症状と似ていることがあります。

リウマチは自己免疫疾患で、関節の慢性的な炎症を引き起こします。

そのため、更年期に関節痛を経験する場合、リウマチの可能性も考慮する必要があります。

 

関連記事:関節リウマチのしてはいけない10項目とは|リウマチになりやすい性格がある?

 

 

更年期の関節痛はリウマチかも?ホルモンバランスの乱れによる関節痛とリウマチの特徴の違い


更年期リウマチ違い

更年期の関節痛とリウマチは、症状が似ているため、しばしば混同されがちです。

しかし、両者は原因と特徴が異なります。

これを理解するために、更年期のホルモンバランスの乱れによる関節痛とリウマチの症状を分けて考えてみましょう。

ホルモンバランスの乱れによる関節痛

原因

更年期のエストロゲン減少が主な原因です。

エストロゲンは関節の潤滑と健康を保つ役割を果たしているため、その減少は関節の痛みやこわばりに直結します。

症状の特徴

関節痛は一般的に軽度から中等度で、一時的なものが多いです。

手、膝、肩、腰など、複数の関節に痛みが現れることがありますが、痛みは絶えず同じ場所にあるわけではありません。

時間帯や環境の影響

症状は特定の時間帯に限定されず、日中にも感じることがあります。

気温や季節による影響は比較的少ないです。

リウマチ

原因

リウマチは自己免疫疾患で、体の免疫システムが誤って関節を攻撃し、炎症を引き起こします。

症状の特徴

リウマチによる関節痛は、一般的に慢性的で、関節の腫れや発赤を伴うことがあります。

痛みはしばしば対称性に現れ、同じ関節が両側に影響を受けます。

時間帯や環境の影響

症状は特に朝、起床時に顕著で、関節のこわばりが数時間続くことがあります。

寒い季節や湿度が高い環境では症状が悪化する傾向があります。

 

関連記事:自律神経失調症のセルフチェック26項目!こんな兆候は危険かも?

 

 

リウマチかも?と思ったら


更年期リウマチ違い

リウマチは、早期発見と適切な治療が重要な慢性的な自己免疫疾患です。

関節に痛みや腫れ、こわばりを感じた際、リウマチの可能性を考えることが重要になります。

以下に、リウマチを疑うべき状況とその後のステップを詳しく説明します。

リウマチを疑うべき症状

関節の痛みと腫れ

特に朝に強く感じる関節の痛みがあります。

リウマチはしばしば手の指、手首、足の関節に影響を及ぼします。

症状の持続性

一時的な関節痛と異なり、リウマチの症状は数週間から数ヶ月にわたって持続することが一般的です。

朝のこわばり

特に朝に強く感じる関節の痛みやこわばりが特徴です。

一般的には起きて30分で症状が落ち着きます。

微熱・倦怠感・食欲不振

37℃台の微熱や体のだるさ、食欲がわかないなどの症状がある場合があります。

対処法

リウマチを疑うべき症状が出た場合、早期に病院の受診をおすすめします。

発症から1〜2年の間に正しい治療を行うことで完治する率は高くなります。

治療としては、薬物療法や、リハビリテーション、手術療法などがあり、日常で出来るセルフケアと並行して治療を行っていきます。

 

関連記事:高齢者だけじゃない!40代からでもなる若年性認知症とは?なりやすい人や原因について

 

 

更年期の関節痛は早めに診てもらおう


更年期リウマチ違い

更年期による関節痛を放置すると、場合によってはリウマチによる関節の破壊が進行することがあります。

早期発見・早期治療が非常に重要であり、痛みや不調を感じたら迅速に医師の診断を受けるべきです。

 

関連記事:乳がんのしこりは痛みがない?なりやすい人の特徴や検査についても

 

 

更年期の関節痛の検査・治療なら西春内科・在宅クリニックへ


更年期の関節痛に対して、西春内科・在宅クリニックでは患者一人ひとりの症状に合わせた治療プランを立て、適切なケアを行っています。

また、西春内科・在宅クリニックではCT機器を導入しております。

常勤医に読影専門医(レントゲン・CT画像を読影するプロ)がおり、総合病院と遜色ない画像診断力があります。

CT検査で進行度の評価をすることが可能です。

専門的な治療を必要とする場合は、連携している病院等へご紹介させて頂きます。

 

 

名古屋市で急な往診は西春内科・在宅クリニックをご利用ください

当クリニックでは、夜間休日の急な病気やケガの際に、ご自宅で診察が出来るよう【家来るドクター】と連携して往診サービスを提供しています。

急な発熱や、風邪諸症状、皮膚のかゆみやかぶれ、火傷や軽い捻挫など幅広い症状に対応しています。

往診だけでなく、電話での医療相談も行っていますので、こんな症状の時どうしたらいいの?というお悩みなどお気軽にご相談ください。

 

 

まとめ


今回は、更年期の関節痛とリウマチの違いについて解説しました。

更年期の関節痛とリウマチは、似ているようで異なる症状を示します。

特に起床時や冬の寒い時期に痛みが強まる場合は、リウマチの可能性も考慮し、早めの診断と治療が重要です。

寒さが続いておりますが関節痛でお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

本記事が更年期の関節痛とリマウチについての理解を深め、適切な対応をするための一助をなれば幸いです。

参考文献
時事メディカル|更年期の手指関節痛 リウマチとの違いは?
中外製薬|リウマチの症状とは~あれ?もしかしてリウマチ?~

アクセス

住所:〒481-0041 愛知県北名古屋市九之坪北浦31(メガネ赤札堂の真向かい)

グーグルマップ詳細はこちら >

電話

LINE友達追加

WEB予約